ハケンの品格2「1話」あらすじと感想!大前春子の名言も!

ハケンの品格,1話,あらすじ,感想,大前春子,名言,動画,無料視聴,Hulu,Tverドラマ

ハケンの品格2の放送が6月17日(水)からやっとスタート!

2007年「ハケンの品格」から13年ぶりに、篠原涼子演じる一匹狼の派遣女・大前春子が再び登場~。

13年もの間で目まぐるしく変化した社会。

働き方改革・AI・高齢化・アウトソーシング・副業など、様々な現代のキーワードをテーマに、大前春子がどう立ち向かっていくのか。

「ハケンの品格2」第1話のキャスト・あらすじ・感想・名言などを一挙にご紹介します。

ハケンの品格2「1話」あらすじ

かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業企画課の課長になった里中賢介(小泉孝太郎)は呟く。「今、彼女が来てくれたら…」当時を知る浅野務(勝地涼)が聞く。

「まさかあの人呼ぶんですか」。
「私を雇って後悔はさせません。三ヶ月間お時給の分はしっかり働かせていただきます」
こうして、伝説のスーパーハケン大前春子(篠原涼子)は戻ってきた。

「とっくりが舞い戻ったって本当か!」 旭川支社 支社長補佐の東海林武(大泉洋)は春子との再会に感激するが、完全に無視されるのだった。
そんな中、停泊するクルーザー上での社運をかけた商談で、通訳を任される春子。しかし商談は決裂寸前。すると里中の携帯が鳴る。新人ハケンの小夏(山本舞香)からだった。

「助けてください。人事部の人達に監禁されて・・・」
ハケンの亜紀(吉谷彩子)が社員からセクハラされているのを、小夏が匿名で告発したら、軟禁されてしまったらしい。クルーザー上の春子と里中、保養所に監禁された小夏達、研修中の東海林。実は、この後春子の決断で彼らの身にトンデモない出来事が同時に起ころうとしていた・・・。

出典元:ハケンの品格公式HP

ハケンの品格2「1話」メインキャスト

大前春子(篠原涼子)1期メンバー膨大な資格とスキルを武器に腕一本で生き抜く、高時給の一匹狼スーパー派遣
里中賢介(小泉孝太郎)1期メンバー営業事業部・営業企画課の課長
東海林武(大泉洋)1期メンバー旭川支社長補佐
浅野務(勝地涼)1期メンバー営業企画課・主任
宮部蓮三(伊東四朗)2期メンバーS&F新社長
宇野一平(塚地武雄)2期メンバー営業事業部・部長
井出裕太郎(杉野遥亮)2期メンバーやる気なしコネ入社の新入社員
千葉小夏(山本舞香)2期メンバー新卒の派遣社員
福岡亜紀(吉谷彩子)2期メンバー派遣5年目の中堅ハケン
三田貴士(中村海人)2期メンバー仕事と私生活を分ける新卒新入社員
近耕作(上地雄介)1期メンバーハケンライフの正社員

ハケンの品格1のファンだった私としては、黒岩匡子・森美雪・一ツ木さんの出演がないのが非常にさみしい!!

でも、ハケンの品格2の製作が発表されてしばらくは、東海林(大泉洋)の名前がキャストの中になかったので、東海林がいないハケンの品格なんて、ハケンの品格じゃない!!と、ハケンの品格2の行く末を心配してましたが、ちゃんと2期も名前があって人安心(笑)

シロクマ
シロクマ

でも、北海道から新入社員研修のため東京に主張している設定だったから、毎回絡んでくることはないのかな?

 

ハケンの品格2「1話」大前春子の名言

13年ぶりの大前春子節は全く衰え知らず!

懐かしい言い回しも含め、第1話の名言をご紹介します。

いちいち正社員の顔なんて覚えてられませんが、何か?

大前春子が再びS&Fで派遣社員として働くようになり、里中課長が大前春子に「また一緒に働けて嬉しい」的なことを話した時の一言。

13年もの間、3か月ごとに職場を変えてきた派遣社員が、正社員の顔なんていちいち覚えてないって強く断言しちゃったわけですが~、そんなわけはなく。

里中課長が福岡と小夏の派遣社員を首にさせずに守るって断言した時、ほんの少しだけど口角あげて嬉しそうにしたのが良かった!

 

働かないのでテッキリ正社員かと思いました!

大前春子が部長に「派遣社員が足りない」と言い、派遣社員なら2人いると福岡と小夏のことを指した時の一言。

「働かないので」という部分で、他の正社員がみな「んあぁぁ??」って反応してましたね。

ハケンの品格1で頻繁に見られた反応が懐かしかった(笑)

 

さっさと仕事に戻りなさい!この残業代泥棒!

大前春子が17時定時で退社しようとしている時に、福岡が大前春子に話しかけた時の一言。

「給料泥棒」って言葉はよく耳にしますが、「残業代泥棒」とは!

残業代泥棒って言ったものの、福岡は残業つけずにサービス残業でした・・・。

 

死ぬほど嫌な目に遭った次の日も笑顔で出勤するのは、生きるため

福岡と小夏が人事にセクハラは事実無根で、派遣社員の方から正社員に色仕掛けで迫ったんだろうと、心無いことを言われ散々傷つけられます。

そんな彼女たちのことを思って、里中課長が同じ派遣社員の立場である大前さんから彼女たちに何か言ってほしいと頼まれた時の一言。

『死ぬほど嫌な目に遭った次の日も笑顔で出勤するのは、生きるためです。生きるために泣きたくても笑ってるんです。有給たっぷりのみなさんとはちがうんです!』

1話で一番の名セリフ・名言でした!

 

桜を見る会なんて、まだそんなことやってるバカがいるんですね

1話の最後の最後で、「桜を見る会」がぶっこまれました!

東海林が里中課長の口から大前春子を花見に誘わせた時の一言だったのですが、「桜を見る会じゃねーよ!花見だよ!」って(笑)

収録した時、もしかして「桜を見る会」が話題になってた時なんですかね??

 

ハケンの品格2「1話」感想

ハケンの品格2の1話を見た感想ですが、13年前の大前春子は本当にそのままでしたね。

全く変えずに演じるのが逆にプレッシャーだと篠原涼子さんがインタビューで答えてましたけど、13年も変わらないブレない大前春子って、どんだけスーパー人間なんだ??

面白いか面白くないかと聞かれると、余りにも前作のハケンの品格1が衝撃的で面白かったため、ハケンの品格2は既視感がありすぎでした。

一ツ木さんの後任としての近君ですが、どうしても一ツ木さんと比較してしまうし、森ちゃんのポジションが福岡・小夏2人で1人分なんだーと、物足りなさを感じたり。(きっと前作が好きすぎるから。)

でも、今の社会を反映して、セクハラ・パワハラ・同一労働同一賃金の働き方改革を連想させるセリフがあったり、「日本の会社、日本の社会はこのままだと沈没する」という大前春子のセリフから、現在の日本社会の深層に切り込んでいくのかな?と期待されます。

理不尽な仕打ちを受ける派遣社員を助けるため、研修施設のドアをチェーンソーでぶった切ってしまう大前春子の行動が、恐らく今後の大前春子の立場を窮地に追いやっていくのでは?

1話の終わりで新社長が登場し、「大前春子みたいなスーパー派遣はこの会社には必要ない」って断言し、「会社の中をあちこち大掃除しないと」という発言もありました。

1話は「ハケンの品格1」の半分おさらい的物語の位置づけだと思うので、2話目以降がとても楽しみです☆

 

ハケンの品格2「1話」視聴率

ハケンの品格2の第1話視聴率は、14.2%でした!

ハケンの品格2007特別編の平均視聴いつが10%前後だったので、なかなかの高視聴率ではないでしょうか??

 

ハケンの品格2 無料視聴の手引き

ハケンの品格2「1話」見逃し動画を探している

配信サービス配信状況備考
Huluハケンの品格2 1話 動画 Hulu1話とスピンオフを配信中
Tver1話を6月24日まで配信中

ハケンの品格2「全話」見逃し動画を探している

 

\スピンオフドラマ「ハケンの珍客」も見れる!/

 

ハケンの品格2「2話」の予告

人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになった張り切る小夏(山本舞香)だったが、ハケンは企画を出せないと知り、がっかり。
そんな中、大前春子(篠原涼子)が「京橋庵」で昔ハケンとして働いていたことを知る里中(小泉孝太郎)達。浅野(勝地涼)は春子を無理に「京橋庵」での会議に参加させるが…。
一方、コラボに参加したい小夏は、浅野の提出企画の中に、自分の企画を紛れこませてもらうことに成功する。

出典元:日テレ公式チャンネル

ハケンの品格2「1話」まとめ

ハケンの品格2「1話」あらすじと感想!大前春子の名言も!をご紹介しました。

ハケンの品格2 大泉洋(東海林)は来週も出る?相関図やセリフから考察
ハケンの品格2の第1話が放送され、視聴率も14.2%と好発進!ただ、大泉洋演じる東海林が来週も出るのかが気になる展開でした。ドラマのセリフや相関図から、大泉洋が今後出演するのかを考察します。

ハケンの品格1・ハケンの品格2・ハケンの珍客が見放題 ↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました