THE HEAD ドラマネタバレ【2話】犯人はマギーだった!?

THE HEADの第2話が配信されました!

2話終盤10分は、なかなかの緊張感で最後は思わず「わぁっ!!」と声をあげちゃいました。

では、早速THE HEAD2話のネタバレです☆

THE HEAD1話 あらすじ

THE HEAD2話のネタバレにいく前に、ざっと1話のあらすじをおさらいしましょう!

前回の内容をザッとおさらい

・南極基地、夏期部隊から越冬部隊へとバトンタッチ
・冬を終えた南極基地と音信不通になる
・死亡者7名、行方不明者2名、生存者1名
・生存者マギーによりマイルズの惨殺が明らかに
・行方不明者アニカの書き残した手紙を発見

詳しいあらすじを先に知りたい方はコチラをどうぞ☆

THE HEAD山下智久が死んだ?ドラマ1話のネタバレと感想!
国際連続ドラマ「THE HEAD」にジャニーズの山下智久が生物学者・アキ役で出演。1話で山下智久が死んだことが判明しますが、なぜそうなったのか、ドラマ1話のネタバレや感想をご紹介します。

 

THE HEAD2話ネタバレ

ダミアン死亡の連絡を受けるアニカ<回想シーン>

ヨハンが家に帰ると、アニカからの「私を探して」というメッセージを見つけて、家中アニカを探して見つける。

「子供は要らないって言ったのは、今は、ということよ。」と囁き、アニカとヨハンはお互いの愛を確かめるように抱き合う。

これからという時に電話が鳴り、初めは無視しようとしたアニカだったが、すぐに戻るといい電話に出る。

「ダミアンが、ロンドンの自宅の屋根から落ちて死んだ。」

事故か自殺か分からず、ヨハンはアーサーに知らせるようにアニカに言う。

シロクマ
シロクマ

ダミアンは1話で出てきた、過去に南極基地で共に働いていた仲間の1人だね。

 

スマホを指認証でチェックする

エリックはスマホの中に何かヒントや証拠になるものが無いか調べるために、どのスマホが誰のモノなのか、遺体の指認証でチェックする。

すると、ラモンのスマホだけが指認証で開かない。

そこでスマホを詳しく調べてみると、写真もメールも全て暗号化されており、その強固な鍵っぷりは軍隊レベル。

とても料理人が私物のスマホにかけるようなロックではなかったのだ。

そして、ラモンの部屋を調べてみると、ヘーゲル・ソクラテス・ニーチェなど哲学者の書籍がズラリと並び、料理人とはかけ離れた部屋作りに一同は驚く。

 

ヨハンが生存者マギーから話を聞く

ヨハンは再びマギーと話がしたいと医師のミケに言うが、今の精神状態のヨハンにマギーとの面会は認められないという。

マギーと話すなら、警察が来るまでは一切の質問をしないこと、万が一またマギーが錯乱状態に陥った場合は、医務室への出入りを今後禁止するという約束をヨハンに求める。

 

マギーがマイルズの遺体を検視する

首を切断されたマギーが検視をする。

その結果、マイルズは後頭部を鈍器で殴られたことによる外傷で死亡したと判明。

凶器はレンチかハンマー。

切断は出血量が少ないことや、雪の上に流れ落ちている血が少量であることや、首の血の結晶化から外で殺害。

そして、それら全てを総合し、マギーが犯人像を次のように語りました。

「これらの犯行は力のない人間でも実行可能。
すなわち、全員が容疑者の可能性がある。」

 

ラモンがニルスを挑発

誰もが容疑者になり得るという話を聞かされた隊員。

ニルスが、「そこの筋肉女か?」とヘザーを皮肉り、「シェフが包丁を使ったか?」とラモンを皮肉る。

そして、ニルスとラモンが一触即発の状態に。

そして越冬隊長エリックは次のように皆を諭す。

「ここは、文明世界から8000キロ。生身の人間には生存不可能な場所だ。13㎝の壁だけで守られている。ここで生きるために必要なのはただ1つ。団結だ。理性を使え。」

 

犯人が侵入者の可能性

エリックは、誰でも犯人である可能性があるのなら、部外者が犯人である可能性だってあると言いだす。

侵入者が来たのなら、必ず外から乗り物を使っているはず。乗り物を使えば必ず痕が残るからそれを全員で調べよう!と言い出し、全員が防寒具を着て外に捜索に出る。

 

マギーが何かを隠しているニルスを見かける

暗闇の中、ニルスが雪を掘って何かを埋めて、足でそれを隠している様子をマギーが見かける。

ニルスが周りに誰もいないことを確認し、その場を立ち去った後に、マギーが無線で皆を呼び集める。

そして、ニルスが埋めた後を掘り返してみると、血の付いたノコギリが埋められていた!

 

ニルスが基地の中で籠城する

基地に皆が戻ったところ、ニルス1人が基地の鍵を閉めて籠城していた。

ニルスは「俺は絶対に殺してない。だから時間をくれ。」と言い、頑としてドアを開けようとしない。

基地の外はマイナス30度。このままではみんな凍死してしまう。

アニカとラモンに裏の搬入口を、エバとエリックは格納庫の鍵が開いていないかを見に行く。

ヘザー・アキ・マギーはその場に残り、ニルスの見張りを言い渡されるが、ヘザーは非常発電機用の排気口から中に入れるはずと言い、そこへ3人で向かう。

排気口はあったもののとても狭く、防寒着を着たままでは通り抜けられない。

ヘザーはマイナス30度の中で凍えながら服を脱ぎ、排気口を滑り降りて基地内へ侵入。

マギーがニルスに話しかけてニルスの注意をドアの外に向けている最中に、侵入したヘザーがニルスの首を絞めて気絶させる。

 

ニルスの過去が明らかに

無事、全員が基地内に戻った後、みなが口々に疑心暗鬼を口にする。

エリックは「ニルスが殺す必要があったのか?」と皆に問いかけると、ラモンは「ニルスがここに来た事情を知ってるだろう」と。

ヘザー・アキ・マギー新人3人はニルスの事情を知らない。

そしてラモンがニルスの隠された過去を語り始める。

ニルスの娘が10年前に麻薬で死亡。安物のドラッグを娘に渡した売人が撲殺される。ニルスは疑われるが否認。しかし、周りはニルスが殺ったと思っていて、奥さんにも出ていかれた。

ラモスに思い出したくない過去を喋られたニルスは激高して、「首をかっきってやる!」と叫ぶ。

 

ニルスの言い分

防寒着を着て外に捜索に出るために、一度部屋に戻ったニルス。

すると、クローゼットの奥に血まみれのノコギリがあった。

このままでは自分が疑われると思ったニルスは、疑われないように慌てて雪の中に埋めた。

「犯人は自分じゃない。濡れ衣だ。
俺を陥れた真犯人は、この中にいる!」

しかし、完全に疑いが晴れたわけではないニルスは、ランドリー室に両手を縛られてしまう。

 

エバが越冬隊に参加した理由

マギー・ヘザー・エバの3人が飲みながら話している時、なぜエバはこの越冬隊に入ったのかを尋ねられる。

旦那がギャンブルで破産して稼がなければならくなった。南極の看護師は給料が2倍もらえる。というのが理由だった。

エバは、冬の間ずっと旦那を恨んでいた。お金のことも大変だったけれど、半年もの間、おかげで息子と娘に会えなかったから。

しかし、半年を仕事を終えて家に帰ってみると、旦那はすっかり改心していた。

なのに、なぜ再び越冬隊に参加しているのか。

「旦那はあれ以来ずっとまともだけど、子供たちも大きくなったから・・・。」
シロクマ
シロクマ

切れ味の悪い返事のエバに少しひっかかる。

 

アキがマギーにノコギリの考察を話す

アキがマギーに「ノコギリの話をずっと考えていた」と言う。

マギーは「ニルスの話を信じるの?」と尋ねると、

「通信機を壊したのは計画的。そして、マイルズの首を切って殺したのもきっと計画的。なぜなら、無線機を直せるのはマイルズだけだから。首をわざわざ斬り落としたのは、恐れろ、震えあがれという犯人のメッセージではないか。」
シロクマ
シロクマ

ここで誰かがアキとマギーの会話を覗いているようなカット割りが気になった。

 

ニルスが首を斬られて死亡する

アキはニルスの様子が気になり、ランドリー室へ見に行く。

すると、なんとニルスは首を斬られた直後で、おびただしい血が流れていた。

アキは止血しながら助けを呼び続ける。

そこに現れたのはマギーだった。

シロクマ
シロクマ

止まっていたはずの洗濯機がゴトンゴトンと回っていたのが気になる…。

 

ヨハンがマギーにアキのことを尋ねる

ヨハンは、マギーが後からランドリー室に入ったのに、ニルスの状況を詳しく知っていることに疑問を感じ、なぜ詳細を知っているのかと尋ねる。

マギーはアキから聞いたと答える。

ヨハンはある話をマギーにする。

「以前の越冬隊の中に、ジョイコブという愛妻家の技師がいた。彼は毎日奥さんと1時間電話をしていた。帰国の前日、彼はシャワー室で手首を切って自殺をした。なんと、彼の奥さんは1年前に亡くなっており、彼は重要参考人だった。」

「南極に来る人間は、表向きの顔と別の顔を持っている場合がある。アキも裏の顔があるかもしれない。アキのことをどこまで知っているのだ。」
シロクマ
シロクマ

「アキは犯人じゃない」とだけマギーは言います。

 

気になる音声を拾う!

ヨハンの元に、気になる音を拾ったと連絡が入る。

音声は録音されたもので、発信源は短距離用の無線で、基地内から発信されている。

聞こえてくる音声はアニカの声で、「緊急対応チームを要請して。医療支援が必要。通信手段がない。これはSOSです。」という内容。

探知機で発信元を探っていくうち、保守用トンネル内にあるチェックしていない扉を発見。

そこに通信機が隠されていた。

ヨハンは、「よく考えたな。最後の手段だ。外の人間に傍受される可能性に賭けたんだ。」とアニカの行動を分析。

 

行方不明のアーサーが!

その時、誰かがヨハンに襲い掛かかり、それは行方不明になっていたアーサーだった。

アーサーは、アニカの居場所は知らない。最後に見た時は生きていたと証言。

アーサーは非常食を食べながら何週間も、冬が終わったことも知らずに、あの暗闇に潜んでいた。

明かりがついた時に彼女に見つかったと思い襲い掛かったと証言。

その彼女というのが、マギー!!!

マギー、生きてるんだな。
お行儀よく被害者を演じているんだろう。
あいつを信じるな。あの女が全員殺した。

 

THE HEAD2話を実際に見た感想

1話よりも2話目の方がより面白くなってきましたね。

そして謎も深まるばかり。

アニカの部屋にあるシェルの飾り物が、アニカとヨハンの自宅でも象徴的に映されていて、この飾り物が何かの伏線になっているのかな~。

2話では、エバとニルスの過去が少し明らかになりました。

エリックが言うように、「南極に来る人は何らかの事情があり、人には見せない裏の顔がある。」というのが本当なら、料理人なのに軍隊ばりのパスコードをかけるラモンもかなり訳ありっぽい。

最後の最後でアーサーの出現には驚きましたね。

これで、生存者2名、行方不明者1名。

行方不明者はアニカということになります。

にしても、アーサーの犯人はマギー発言は真実なのだろうか。

 

まとめ

「THE HEAD ドラマネタバレ【2話】犯人はマギーだった!?」についてご紹介しました。

ドラマのジャンルがサバイバルスリラーになっていますが、ホラーすぎて見られない程ではなく、程よいスリル加減が私にはちょうどいい海外ドラマですね。

2話の中で、越冬隊のメンバーが「南極短編映画祭」への出品した作品の映像が流れますが、この劇中で山下智久が日本語でボケるところが、オマケ的で面白かったですね(笑)

超ミステリーだったのに、急にコミカルな場面に切り替わったので、脳みそ一瞬付いていけなかったですけど(汗)

THE HEADが見れるのはHuluだけ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました